基礎データ

政治形態 共和国、複数政党制
元首 モハメッド・モンセフ・マルズーキ
主要都市 チュニス(首都)、スファックス、ビゼルデ、スース
国土面積 164,150km²(日本の国土の約2/5)
気候 北部・地中海沿岸地方:温暖な地中海性気候
内陸地方:半乾燥性気候で昼と夜、季節による気温差が大きい
南部地方:砂漠性気候
天然資源 天然ガス、リン、連衡席、鉛、亜鉛、塩
人口 10,673,800人(2011年7月)
人口増加率 1.20%(2009)
平均寿命 74.5歳(2009)
言語 アラビア語(公用語)、フランス語(広く普及)、英語およびイタリア語(一部)
宗教 イスラム教(スンニ派、多数)。キリスト教およびユダヤ教の小集団もある
通貨単位 チュニジアン・ディナール 1TD=50.5円(2012年1月)
国内総生産 成長率 3.7%(2010 世銀)
国民ひとりあたりの
国内総生産
4198.5US$(2010世銀)
国民ひとりあたりの
国内総生産成長率
2.6%(2010世銀)

(source: National Institute of Statistics)

チュニジアの位置
(アフリカ最北端)